DECK

ウッドデッキ

ZEN DECK & ST DECK

木材と変わらない施工性がエクステリアに「自由」をもたらす

現場で自由にカットできる樹脂ムク下地材を使用した人工木デッキです。
一般住宅から大型施設まで幅広く対応できます。

ZEN

[ゼン] ランダムグルーブ(不均等溝柄)の次世代デッキ材

詳細はこちら
ZEN -ゼン-
COLOR:ブラウン
ZEN -ゼン-
COLOR:ダーク

ST

[エスティー] リバーシブル(サンディング/溝)で使えるスタンダードデッキ材

ST -エスティー
COLOR:ブラウン
ST -エスティー
COLOR:ダーク

特 長 STRONG POINT

01

床高ミニマム70mm、
低い現場でも設置できます。

根太材の種類の多さや加工のしやすさ、部材同士の接合のしやすさといった、アルミ根太には無い多くの利点を有ており、アルミ根太デッキが苦手としていたローデッキも対応できます。 コンクリート土間に固定できる場所であれば、床までの高さが70mmあれば設置が可能です。

02

複雑な形状の
現場でも対応できます。

木材と同じ感覚で扱える商品ですので、デッキ高を色々変えなければならない複雑な形状の現場でも対応できます。

表 面 SURFACE

溝面、サンディング面、用途に合わせてお選びください

サイズ SIZE

溝面、サンディング面、用途に合わせてお選びください

素 材 MATERIAL

1. 優れた耐久性と耐候性

〔 人工木デッキ材 〕

天然木粉と樹脂の複合材ですので、水に強く腐りにくく、シロアリ等の食害もありません。また、天然木デッキのような防腐剤塗布等のメンテナンスも必要ありません。また、シックハウス等の原因物質も使用していません。

〔 樹脂根太材 〕

純度の高い工場廃材樹脂を主原料としたもので、デッキ材同様にリサイクル品です。発泡処理したムク材で、木に近い硬さでできています。

2. 優れた加工性

加工性は木材と同じく、鋸やカンナ、ノミなど木工用のものが使え、ムク材ですのでどの位置、どの角度からでもビスを打ち込むことができます。根太と束をつなぐ際も、ビスの斜打ちで対応できますので、L金具を使うことなく組立てができます。

3. 色褪せが少ない

原料に顔料を練り込んでいますので、経年変化による色褪せは少なく抑えられています。 ※自社試験による

注 意 CAUTION

●人工木デッキの特性

〈色のばらつき〉
・人工木材は天然木の風合いを出すために、木粉が含まれています。そのため製造時期によって多少のばらつきがあります。
・表面をサンディング処理(サンドペーパーで削る)しているため、見る角度や光の当たり方により、色や濃淡の差があるように見える場合があります。
〈色移り〉
・経年変化による材料の成分が色移りの原因となるため、デッキや手摺上には衣類・布団・洗濯物などを直接置かないでください。また、雨水などの水分と 混じり、衣類などに着く場合もありますので併せてご注意ください。
〈カビやシミ〉
・品質には問穎ありませんが、外部から飛散し付着したカビ菌やサビなどを防ぐ方法はありません。これは人工木に限らす天然木のウッドデッキにも共通することです。
シミやカビなど汚れが気になる方はダーク系の色をおすすめします。
〈温度差による伸縮と反り〉
・材料に樹脂を含んでいるため温度差による影密で、ご使用に差し支えのない範囲で熱伸縮や反りが発生する場合があります。あらかじめご了承ください。
・水をほとんど吸わないため、わすかな反り部分に降雨など で水たまりができる場合があります。床板の表面状態や、水たまりの大きさにより床板こと に乾燥時閻の差が生じる場合がありますが製品の品質には影響ありません。
・床板の反りを防ぐために床板中央部が沈まないように(反った状態にならないように)下地高さを調整し、必す束や根太を地面(下地)にしっかりと固定 してください。
〈その他注意〉
・デッキ上に金属裂のものを放置したり、鉄粉や鉄の切削屑を付着させたままにすると、木粉に反応して黒いシミ(タンニン)になる場合がありますので避けてください。
・木粉を含む人工木の特性上、水気や涅気の多い場所への設置はカビや変形の原因になりますので避けてください。床下は通気を良くし、水や湿気が滞留しないようにしてください。落ち葉やコミなどが消まりやすい場所は点検口を設け、定期的に点検・除し、床下は常に乾燥状態を保つようにしてください。
・浴室・プールなど常時水がかかる場所での使用は熱や湿気により変形、劣化の恐れがありますので適しません。また温泉などの成分により変色する場合があります。
・給湯器や暖房機などの熱排気が、製吊に直接当たらないようにしてください。熱による部材の変形・劣化のおそれがあります。
・床板内部に水が溜まる可能性がある場合は、床板の各中空部下面に水抜き穴(6~8mm)を設けて内音5の水が抜けるようにしてください。
・材料に樹脂を含むため、炎天下ではデッキ材が高温になり、ヤクドまたは低温ヤクドを起こす恐れがありますので、必す履物を着用してください。特に幼児や小さなお子さま、ご高齢の方が使用される際は十分ご注意ください。
・床板を福切した場合は、強度が低下しますので、中空部ししくは下地に補強材を入れてください。
・根太材は発泡剤を使用した押出成形品の為、長手方向に切断すると反りや曲がりが出ますので幅切(長手方向切断)しないでください。

ハイデッキ/ローデッキ基本構造 HIGH & LOW

HighデッキからLowデッキまで、様々な現場に対応できるNEOCUT WOODデッキ。

H250~600のハイデッキ H方式(根太+大引+束)

H70~250のローデッキ L方式(根太+胴縁※+束)

手摺パネル・手摺柱 handrail

材質は人工木材です。パネルは半加工品で一部現場カットがあります。

Rフェンス 1段
Rフェンス 2段
Rフェンス 縦張り
笠木2段
横板張り
横溝落し込み
クロス

不均等溝柄が醸し出す、ナチュラルな雰囲気。

ネオカトウッドデッキ「ゼン」

ネオカットウッドデッキ「ゼン」

ネオカッウッドデッキ「ゼン」

詳細はこちら

INSTALLATION CASESウッドデッキ 施工事例